« 茅葺体験レポート 前編 | トップページ

2014年10月 4日 (土)

茅葺体験レポート 後編

午後はいよいよ茅葺き作業の体験。まず地上で、茅束の根元を1束ずつ、切り揃える作業から。今回の茅はススキでしたが、根元は結構固いので切るのにちょっとコツが要ります。

08_r_2 <写真8:ススキの根元と格闘中>

次はいよいよ、屋根面に茅を。先に茅束を屋根面に沿うように平行に敷き並べ(化粧茅)、建物内側から見上げた時の見栄えが良くなるようにしておき、そのうえで茅束の根元が軒先側を向くように、屋根に葺き上げていく要領です。途中、適宜細い竹を横に渡し、縄で木舞等と結びつけます。このとき、巨大な縫い針状の道具で、屋根の外から内へと縄を受け渡す作業も。

09_r_2 <化粧茅を竹材で固定中。もちろん、男結び>

10_r_2 11_r_3

巨大針で外から中へと、縄を受け渡し。中から位置を指示しながら縄を受け取り、再び返送します。チームワークが重要。>

12_r2_2

屋根面の途中まで葺いたところで終了。早速、寝そべってご満悦・・・>

13_r_2

作業後の集合写真。隠れて見えませんが、向かって右(西)面が今回葺いた面。>

茅葺作業の全工程を見たわけではありませんが、主要なプロセスを体感することができ、とても有意義な一日だったと思います。

 

|

« 茅葺体験レポート 前編 | トップページ

2.建築・町並み探訪記」カテゴリの記事