« 【緊急告知】バリ島の影絵人形芝居公演のお知らせ | トップページ | 茅葺体験レポート 後編 »

2014年10月 4日 (土)

茅葺体験レポート 前編

921日(日)に、北区道場町にて行われた茅葺体験会に参加してきました。主催の淡河かやぶき屋根保存会は、伝統の茅葺技術を未来に継承していくための活動を展開する茅葺職人さんたちを中心とする組織です。

01_r_3 02_r_3

<今回の屋根葺き現場となった大前邸。基礎工事に加え、軸部+小屋までが組みあがった状態。移築ですが、残念ながら大半の材が腐朽のため取り替えられております>

今回の体験会は、移築される茅葺民家(大前邸:国登録文化財!)の屋根を下地からすべてやり直す機会に、その工程を一般の人びとに体験してもらおうという趣旨でした。山之内が参加した日(2日間のうちの2日目)は、芸工大から学部1年生の2名と、2年生の3名、さらに大学院生の1名が参加。ほかにも、京都女子大や大阪大学の学生さんや親子連れなどなど、総勢16名の参加者が、職人さんたちのご指導の下、地下足袋姿で一緒に汗を流しました。

03_r_2 04_r_2

<ミーティング風景/ご指導いただいた職人さんたち>

集合して作業の内容や、移築の経緯の説明を聞いたのち、まずは屋根に上る前に、地上で地獄の?「男結び」特訓から。茅葺屋根では、多くの部位で材料の接合に釘ではなく縄を用います。このため、結び方の猛特訓が、基本中の基本。体に覚えこませます。

05_r_2 06_r_4

男結び特訓中。本学科卒業生の茅葺職人・塩澤さんにもご指導いただきました>

次いで、早速足場に上がって、屋根下地となる木舞竹を垂木竹に結びつける作業。男結びの成果を皆で披露!皆さん、呑み込みが早かったようで、ちゃんと結べました。午前中は、ここまで。

07_r_2 <男結び実践中!>

 

|

« 【緊急告知】バリ島の影絵人形芝居公演のお知らせ | トップページ | 茅葺体験レポート 後編 »

2.建築・町並み探訪記」カテゴリの記事